この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

実際にかかる運営費用

コストを熟考することも大切

価格だけで決断は危険ではありますが、やはり発生するコストはよく考えて無駄に使わないよう物事を決める前に調べることは大切です。
特にレンタルサーバーの初期費用や、月額使用料金は後にランニングコストになるわけですから、できるだけ抑えたいと思いますね。
最近は無料のレンタルサーバーもありますが、閲覧者に喜ばれない広告が勝手に入ってしまう事があります。

ここはやはり有料のレンタルサーバーをお勧めします。
有料のレンタルサーバーも名称はそれぞれ異なってますがランク別で料金設定が違います。
人気のレンタルサーバーも年間使用料金平均的にエコノミーで1500円程、スタンダードやプレミアムで6000円から1万5千円位の間で考えて良いと思います。
WordPressは含まれてないものが多いですが、リーズナブルでWordPressも使えるものもあるようです。

パッケージ利用するメリット

フルマネジメントレンタルサーバーで新しくリリースされたものなどもありWebサイトの構築に必要な機能を揃えバックアップからアップデートもお任せ、セキュリティ対策も充実で安心して使えます。
いずれも大手企業が多いので信頼はできますが、月額使用料金も1万弱であったり、若干高めの設定です。

スペックによってかかる費用に差が出たり、初期設定も有料の場合もありきちんと内容を調べるか確認して見積もりもしてもらった方がいいかもしれません。
色々不安がある場合は安心でお手軽に使えますし、お試しサービスが付いているものもあるので初めて起業する場合やレンタルサーバー選びに自信がない場合には良い選択かも知れません。
契約使用期間が設定されているようなので契約内容をよく調べましょう。
いずれにしても、省くべき費用やかけるべき費用を把握しましょう。


TOPへ