この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

競争の激しいECサイトで抜きんでるために

使い方やコスト、それぞれの違いを見極める

ECサイトは個人のホームページとは違い商品の取引がメインです。
本来収益が上がることが目的ですから、求めるものは比較的はっきりしています。
多くの閲覧者に集まってもらいたいのは必須の条件ですね。
しかし多くの訪問者があるという事はそれなりの管理やインターネット上のインフラ整備も重要になってきます。

そういった面から考えるとレンタルサーバーも価格だけでは決められないと考えられます。
価格を一番に宣伝しているサーバーもありますが、価格以外の性能を提示しているかで確認することが大切です。
重要視すべき点は、「稼働率」「データーの転送量」「全てのサポート」などになります。
全てお店の規模によって選び方に違いも出るので価格重視でないと言っても不必要に価格が高いものを選ぶ必然性もありません。

レンタルサーバーにはどの様な種類があるか

自分がどのようなECサイトを立ち上げたいか、現状は、商品数や規模などから具体的に考慮して相応しいレンタルサーバーを選ぶことになります。
レンタルサーバーはざっくり分けると、一つのサーバーを複数で使う「共用サーバー」1台のサーバーを専有で使う「専用サーバー」、共有するが専用サーバーのメリットもある「仮想専用サーバー」などになり、ごく一般的には共有サーバー利用が多いです。

専用サーバーは価格も高く、大きな企業向けと考えて良いでしょう。
「共用セーバー」は費用も一番安く、比較的小規模店舗や個人営業店舗に相応しいと言えますし、実際に使用開始までの時間が短く早めにサイトを作りたい場合に適していますね。
しかしながら、共有するという事は集合住宅の様に他からの影響を受けやすいデメリットもあります。
そのためにも管理されたセキュリティが必要になります。


TOPへ